花火 大特価販売中!

雛人形、五月人形、こいのぼり、盆提灯の通販サイト | 人形の丸富

花火 大特価販売中!




トップ > 花火 > 花火の注意点

 

花火の注意点

 

子供の頃にやった花火は大人になってからも心の思い出に残るものです。

花火は夏の最も代表的な風物詩で、年々その美しさは進化しています。

 

花火を楽しく、そして事故やケガを最小限に抑えるためには、

大人の方々の監視のもと、正しい使用方法で行うことが重要です。

 

花火には火薬を使用しており、扱い方を誤れば火傷やケガの原因となり危険です。

正しい使用方法を厳守してください。

 


 

花火に書いてある遊び方をよく読んで必ず守りましょう。

 

小さなおもちゃ花火等には1本1本に説明書が記載されていない物もあります。

そのような時は小箱や袋ごとに、「注意書」が入っています。よく読んで使用方法を守ってください。

 


 

花火を人や家に向けたり、燃えやすいもののある場所で遊んだりしないようにしましょう。
花火が火事の原因になった例があります。

花火遊びをするときは、火の点いている方向、場所などにくれぐれも注意しましょう。

 


 

手持ちの筒もの花火は手の持つ位置に注意しましょう。

手持ちの吹き出し花火は、筒底を握らず、筒の中程より下をもち、体から離して使用すると安全です。

 


 

風の強いときは、花火遊びはやめましょう。途中で風が出て来たりしたときは中止しましょう。

点火の際は、体を風上にして、風下の人が火の粉をかぶらないよう、風の方向に注意しましょう。

 


 

バケツなどに水を用意して遊び終わった花火をつけると残り火を完全消化し、

燃えかすで庭や道路を汚さずにすみます。また、途中で火の消えた花火は水につけましょう。

 


 

たくさんの花火に、一度に火をつけないようにしましょう。

1本ずつ火をつければおとなしい花火でも、数本まとめて火をつけることにより、熱が熱を呼んで

加速度的に燃焼が早くなり、大きな炎になって大変危険です。

 


 

正しい位置に決められた方法で点火をおこなってください。

 

点火の位置が花火によってそれぞれ異なります。

取り扱いの説明書をよく読んで、点火の方法を確かめてローソク又は線香で点火しましょう。

その際、点火にはマッチ、ライター、花火は使わないでください。

 


 

噴出花火、打上花火などの筒物花火は途中で火が消えても中を決してのぞかないでください。

火傷やケガの原因になることもあります。

また、点火するときも筒の先に顔や手を出さないでください。

 


 

花火をほぐして遊ぶことは危険です。絶対してはいけません。

おもちゃ花火に使用されている火薬には、使用目的によっていろいろな種類と性能があります。

これらを分解したり多量に集めたり異種のものを混ぜるのは大変危険です。

 


花火をする際はマナーを守りましょう! 

 

花火遊びが終わったら、花火のゴミは必ず持ち帰りましょう。

最近花火のゴミが放置され、社会問題になっています。

早朝や深夜に花火遊びをして、周囲に迷惑をかけないで下さい。