こいのぼり 大特価販売中!

雛人形、五月人形、こいのぼり、盆提灯の通販サイト | 人形の丸富

こいのぼり 大特価販売中!




 ■ 営業日と臨時休業日のご案内です。
4月30日 5月1日 5月2日 5月3日 5月4日 5月5日 5月6日 5月7日 5月8日 5月9日 5月10日 5月11日 5月12日 5月13日
通常
営業
通常
営業
通常
営業
通常
営業
通常
営業
通常
営業
休業 休業 休業 休業 休業 休業 通常
営業
通常
営業

※5月5日までの間は当店は通常営業を行っておりますが、5月6日~5月11日までの間、臨時休業となります。
※メーカーや工房は休業中のため、取り寄せ品や名入れなどの品は休業日明けのお手配となりますので、5月中旬ごろのお届けとなります。

トップ > こいのぼり > こいのぼりについて

 

こいのぼりについて

 

 こいのぼりの由来 


こいのぼり(鯉幟)とは元来、日本の風習で、江戸時代に武家で始まった、端午の節句である旧暦の5月5日までの梅雨の時期の雨の日に、男児の出世を願って家庭の庭先で飾られた紙・布・不織布などに鯉の絵柄を描き、風をはらませてなびかせる吹流しを鯉の形に模して作ったのぼりです。

皐幟(さつきのぼり)とも言われます。

現在は新暦の5月5日まで飾られ、夏の季語として用いられます。

飾られる季節も変わり、イメージは「晩春の晴天の日の青空にたなびくもの」となりました。

 

中国の正史、二十四史の一つである後漢書による故事で、黄河の急流にある竜門と呼ばれる滝を多くの魚が登ろうと試みたが鯉のみが登り切り、竜になることができたことにちなんで鯉の滝登りが立身出世の象徴となりました。

本来は真鯉(黒い鯉)のみで、明治時代から真鯉(まごい)と緋鯉(ひごい)の対で揚げるようになりましたが、昭和時代からは家族を表すものとして子鯉(青い鯉)を添えたものが主流となりました。

 

最近では緑やオレンジといった、より華やかな色の子鯉も普及してきており、所によっては女の子も含め家族全員の分の鯉を上げる家もあります。

暖色の子鯉の増加はそういった需要に応えてのことのようです。

さおの先に回転球やかご玉、その下に矢車を付け、五色もしくは鯉などを描いた吹流しを一番上に、以下真鯉、緋鯉、等を大きさの順に並べて揚げるのが一般的となっています。

 

 

 こいのぼりの歴史 


 

「江戸っ子は皐月の鯉の吹流し」と言われるように、こいのぼりは「幟(のぼり)」とは名づけられているものの、形状は魚を模した吹流し形です。

そもそも、こいのぼりは門松や雛人形と同じく、江戸時代中期の裕福な庶民の家庭で始まった習慣でした。

端午の節句には厄払いに菖蒲を用いることから、別名「菖蒲の節句」と呼ばれ、武家では菖蒲と「尚武」と結びつけて男児の立身出世・武運長久を祈る年中行事となりました。 この日武士の家庭では、虫干しをかねて先祖伝来の鎧や兜を奥座敷に、玄関には旗指物(のぼり)を飾り、家長が子供達に訓示を垂れていました。

 

一方、大きな経済力を身につけながらも社会的には低く見られていた商人の家庭では、武士に対抗して豪華な武具の模造品を作らせ、のぼりの代わりに黄表紙の挿絵などを見ると五色の吹流しを美々しく飾るようになっていきました。

さらに、吹流しを飾るだけでは芸がないと考えたのか、一部の家庭で「竜門」の故事にちなんで、吹流しに鯉の絵を描くようになりました。 現在の魚型のこいのぼりは、さらにそこから派生したものです。